2012年02月11日

落ち込む

 せっかく孫たちのうれしい便りがあったのに、こちらは落ち込むばかり。7日の通院でもまだ新しい治療方法は示されず21日にX線検査をして考えようとのこと。

 一時期聞こえるようになったかと思えた左耳も全く聞こえないような感じ。電話もまるできこえない。鼓膜に穴を開ける処置があるといっていたが具体的な進展なし。入院していれば毎日診察があるのだけど通院では何週間かに一度しか話ができず進展の仕様もない。

 耳と同時に目も視力が落ちてきてしまっている。状況が一定しないのでメガネを作り替えることもできない。新聞が読みにくいのがつらい。テレビばかりの生活になってしまう。テレビもヘッドフォンがないと直接スピーカーで聞くことは無理。字幕頼りになる。

 ずーっと悩んでいた歯も治療をやり直すことになった。昨日神経を抜き直したけど、その後が痛い。鎮痛剤だけは名大で潤沢にもらっているけど一定時間おかないと飲めないので昨日は夜中に苦しんだりしていた。今晩は大丈夫かな。

 とにかく体中ぼろぼろの感じ、名大も歯科も奥さんの付き添い付きでないと不安で行けなくなってきた。診察室について行って貰わないと先生との会話に不安があるからだけど、嫌な顔もしないで連れて行ってくれる奥さんには感謝以外何もない。これはなんとかしなくては思うのだけど悪化するばかり、目や耳のバランスが悪いと歩くのも不自由になるようでこれは閉じこもらないで積極的に外出するくらいしか手がないのかな。

 久しぶりのブログは愚痴ばかり、孫たちの明るい話題を書けるのはいつになるかな。  

Posted by たあちゃん at 21:01Comments(1126)TrackBack(0)

2012年02月05日

立春そして嬉しい知らせ

 今日は立春、でも本当に「春は名のみの・・・」の言葉通りマンションの前は溶け残った雪が凍り付いたまま、例年ならそろそろ聞こえてくる知多の梅便りも今年は2週間遅れるとか。毎年欠かしたことの無かった夫婦二人での節分の「豆まき」も気分が乗らずというか今年はスキップ。

 そんな落ち込んだ気分でいたところに思いがけず嬉しい知らせ。3月から毎月一回有紀子さんが名古屋での仕事が決まったと。そう、有紀子さんが名古屋へ来るということは漏れなくゆづちゃんみーちゃんが付いてくると言うこと(中京競馬の仕事があれば雷太も)。もうびっくり暦の上でもなんでも春が来た気分。

 ここまでは有紀子さんのブログを見ている人ならもう知っていることかも。偶然と言うにはあまりに不思議なのが有紀子さんの仕事(アナウンスの講師)の場所。東別院会館という、家から見えているいるところ。勿論距離的にも近く5分も歩けば着いてしまうような場所。そういえば前に2回ほど名古屋で司会の仕事があったときも金山の市民会館という、うちから歩いて10分ほどのところだった。有紀子さんて、なにか不思議な仕事運をもっているのかなって思ってしまう。

 そんな不思議はどうでもよくて思いがけず毎月、普段遠くに住む孫たちに会えることになって老夫婦は有頂天。第一回は3月11日とか。毎回日曜なので通院にかぶることはないけどまた入院などと言われないように体調維持に努めねば。

 みーちゃんゆづちゃん待ってるからね。  

Posted by たあちゃん at 00:12Comments(923)TrackBack(0)

2012年02月02日

名古屋も積雪

 1日夜半から雪が降り始め夜中降り続いたらしい。夜中にトイレに起きたら雪明かりで窓の外が妙に明るかった。朝はかなりの積雪かと思ったけど夜通し除雪したのか写真のように高速と幹線道路は車が流れていた。ニュースで騒いだ割にはちょっと拍子抜け。

 でも歩道は10CM程度の積雪のようで、奥さんは友達とのランチの約束に長靴を履いて出かけた。ANAホテルのフロントで履き替えて預けるとか(笑)お留守番の僕は成城石井のベジタブルオニオングラタンスープなんとか風をレンジでチンして食す。スープとパンはいけるのだけど野菜が生っぽくてなんとも抵抗があったけど感触。仕上げはパステルのクリームプリン、やたらと甘い。トータル何カロリーなのかななどと考えながら少しでも身になるよう祈る。(残念、食事の写真摂り忘れ)





 午前中降り続いた雪も午後は青空、リビングはまた温室にもどった、よかった。  

Posted by たあちゃん at 15:31Comments(0)TrackBack(0)

2012年02月01日

気力不充実

 あっという間に今年ももう2月。何があったのだろうと思うと、3が日は珍しく冴香がいた。冴香が帰ったと思ったら雷太ファミリーが来て楽しく過ごしたすぐあとの10日から再入院。

 体調管理に気を付け水分控えめナトリウムいっぱいの食事に努めたからもう抗ガン剤対策は十分、ただ念のため入院計画はちょっと長めに一週間などとしていたのにまたナトリウム低下を起こし、苦しいナトリウム点滴治療を一週間追加。結局まるっと2週間入院になってしまった。おまけに今回2クールテストした抗ガン剤のネダプラチンは使えないという結論が出てしまった。毎回入院でいいからもっとやりたいと言っても癌より先に体が持たないからNOと言われてしまった。次の一手は退院までに決まらなかった。これはちょっとショック、下咽頭癌の対策は決まらなくても頸椎癌の治療に一ヶ月一度点滴に通うのでその時に検討しようということらしい。幸い頸椎癌の関係するような症状は出ていないけど、喉の方はいろいろ悪さをしているような気がする。左だけの中耳炎や複視、歯痛などもそうじゃないのかな癌が左側だから。

 23日の退院から10日ほども経ったけど何か気力が湧かない。外出する気にもならない。外出と言っても隣のローソン位だけどそれも出る気にならない。大寒波らしいので出る必要が無ければ出なければいいのだけど、雷太のタキシードの写真をプリントしたかったりがイマイチ元気が出ない。

 ただ何もしなかったのかとチェックしてみるとブログはこれで4本目、入院保険の書類作りそれとちょっと早かったけど確定申告書作成を済ませて奥さんに郵送してもらっている。金が絡むことはちゃんとするのかな(笑)結構頭は使っているらしい。

 確定申告も60歳の完全退職前は取られるばかりでいやだったけど60過ぎて厚生年金と退職年金だけになったら毎年10万以上戻ってくるようになった。去年そして今回は入院があったからか17万も返ってくる。退職年金の源泉徴収が多すぎるのが原因なのだけど申告しなければとられっきりになってしまうのかな?自分の金の年金化なのに給与並みに課税されているもともとの課税方法がおかしいのじゃないかな?保険も請求しなければ払われないしぼけてきて申告しなくなったら国や保険会社の丸儲けになるのかな。うちは僕が早く死ぬし奥さんそれまではしっかりしているから大丈夫だと思おう。

 つまらない事ばかり書いている、有紀子さんが壬月がジグソーに夢中だと書いてきた。先週8ピースとか言っていたのに今日のメールでは30何ピースとか、子供の成長はすごい。

 食べやすいしかし不味い病院食に馴れてしまったのか家での食事がお茶を減らすと辛い。次のテーマは病院食かな。

 

   

Posted by たあちゃん at 16:04Comments(0)TrackBack(0)